清盛楠(外宮)

2012年03月24日(土) 清盛楠(外宮) (車、徒歩)

2012年、NHKの大河ドラマの主人公は「平清盛」。伊勢には平家ゆかりの地が多いが外宮には「平清盛」ゆかりの木がある。それは、清盛楠(きよもりぐす)。

『改訂版 検定 お伊勢さん 【公式テキストブック】』のP.43によると次の通り。

表参道手水舎の反対側に立つ楠木で、内部が腐っており二本の木に見えるが、一株の古木で樹齢八百年以上といわれる。名前の由来は、平清盛(1118~81)が勅使として参向したとき、冠に触れた西側の枝を切らせたという伝承による。なお記録によれば、清盛は勅使として三度神宮に参向している。

 

お伊勢さん125社 外宮めぐり にて清盛楠にも立ち寄ったのでパチリ。

清盛楠(外宮)

清盛楠(外宮)

 

少し右へ移動すると幹が左右に二本に分かれているように見える。写真の左側は西なので、先の解説によれば、左側の枝が清盛の冠に触れ、切られたのだろう。

清盛楠(外宮)

清盛楠(外宮)

 

楠の根元へ近づくと

清盛楠(外宮)

清盛楠(外宮)

確かに二本の木として独立しているように見える。

清盛楠(外宮)

清盛楠(外宮)

これでも地中で一本になっているのだろうか?

清盛楠(外宮)

清盛楠(外宮)

 

【 20120324 の記録 】

 

Comments

  1. この楠についてですが、宇治山田市史の記述(上巻828頁)とは異なっている点(重盛楠が清盛楠とよばれるようになったとの記述があります。ここでは勅使も重盛であったと記述されています)があり、歴史の考証が、今と昔では違っていたから(だろう)とはいえ、「どちらを参考とするか」で案内人も困りますよね。
    どういうふうな形で実際、案内人の方々は案内をされているんでしょうか。ここについては、非常に疑問だし、興味があります。
    ただ、「誤って伝わった」としている点からも聞きづてなのだろうと思いますが、何せ市史とはいえ、80年以上たつ古いものですからね・・・。

    1. p_m_a さん
      おはようございます。

      > 重盛楠が清盛楠とよばれるようになったとの記述があります。

      私は「清盛楠」については何も疑ったことがありませんでした。
      たとえば、
      1. 今まで私が目にした書籍、ガイドブックなどではすべてが「清盛楠」と記されている。

      2. 神宮が配布している神域案内図(豊受大神宮)にも「清盛楠」と記されている。

      > どういうふうな形で実際、案内人の方々は案内をされているんでしょうか。

      についてですが、
      3. 先日「平成23年度伊勢市観光人材育成・おもてなし研修」に参加した時、講師の「お伊勢さん観光ガイドの会」阿形智恵子さんも「清盛楠」と説明されていました。

      こんな具合に今では「重盛楠」を意識している人はほとんどいないのではないでしょうか?
      ただし、私は「重盛楠」と初めて聞いて驚くとともに、非常におもしろい情報に出会ったと感謝しています。

      そうすると、「清盛楠」と同定された情報源はどこにあるのか? また、宇治山田市が「重盛楠」の名をだした情報源は? など出典をたどらないと・・・
      とにかく、宇治山田市史をじっくり読んだことがないので、まずは一度目を通して見たいと思います。

      いつも興味深い情報をありがとうございます。
      では、また、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です