熊野古道伊勢路図絵を片手に#3 オプション(馬越峠~天狗倉山 往復)

2013年06月09日(日) 熊野古道伊勢路図絵を片手に#3 オプション(馬越峠~天狗倉山 往復) (徒歩)

熊野古道伊勢路図絵を片手に#3(相賀から馬越峠まで)に て、石畳を踏みしめながら馬越峠に到着した。馬越峠は300m程度の高度しかないのに峠に到着した頃には少し疲れていた。

しかし、私の背中を押して熊野古道伊勢路へ導いてくれた福元ひろこさんの著書「歩く旅の本 伊勢→熊野」(東洋出版)のP.122~124に天狗倉山の記述がある。ここを読んでしまったらこの山に登らずにはいられなかった。

【参考】

 

現在14時50分、コースマップでは馬越峠~天狗倉山の往路が30分、復路が20分とある。往復しても15時半過ぎには下山できる。行動食を口にして、多めの水分を補給すると天狗倉山へのルートへ入った。

実はこの往路はほとんどが階段で登しかなく、時には胸突きのとても傾斜がきつく、足が上がらないほどの段差の階段がある。余裕で往復できると思っていた私は甘かった。結局、往復に要した時間はコースマップに記載されていた50分だった。しかし、天狗倉山はそれほどの苦労に値する場所だ。

(実は、帰りの電車に乗る際に気づいたのだったが、紀伊長島の『ゆうがく邸』での講演のために三重県入りしていた福元さんからFacebookにメッセージをいただいていた。私の二時間ほど前に馬越峠を歩いていたそうだ。そこには「その上の天狗倉山までいってみてください。」のメッセージが添えられていた。)

 

馬越峠にある道標の「天狗倉山」に従い、天狗倉山への山道へ入った。

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

「←馬越峠」「天狗倉山→」の道標

「←馬越峠」「天狗倉山→」の道標

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

 

この間は黙々と淡々と登ることに集中していた、いやせざるを得なかったのだろう。写真を撮っていなかった。・・・

4/7の道標(馬越峠から天狗倉山へ)

4/7の道標(馬越峠から天狗倉山へ)

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

馬越峠から天狗倉山へ

 

山頂に近づくとルートが二手に分かれていた。

「←天狗倉山頂(北道)」「天狗倉山頂(南道)→」等の道標

「←天狗倉山頂(北道)」「天狗倉山頂(南道)→」等の道標

なぜか、私は瞬時に往路は北道、帰路は南道と選択した。誰かいるのか? そして、足は北道へ・・・。すぐ、目の前から岩場だ。手を使わないと登り難い場所もある。

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

北(来た)道を振り返ってパチリ。

天狗倉山頂への北道(振り向いて来た道を・・)

天狗倉山頂への北道(振り向いて来た道を・・)

さらに登ると・・・・「おおおっ・・・」

天狗倉山頂への北道

天狗倉山頂への北道

巨大な岩。あれが山頂の巨石だ。

天狗倉山 山頂付近

天狗倉山 山頂付近

山道は巨石の脇へと進み、

天狗倉山 山頂付近

天狗倉山 山頂付近

頂上へ到着した。祠にお参りしてから

天狗倉山 山頂

天狗倉山 山頂

「この小さなお堂には」の説明板(天狗倉山 山頂)

「この小さなお堂には」の説明板(天狗倉山 山頂)

 

巨石に設置された鉄の梯子を登った。

天狗倉山 山頂の巨石へ

天狗倉山 山頂の巨石へ

 

巨石の下と上では別世界だ。

天狗倉山 山頂にある巨石の上

天狗倉山 山頂にある巨石の上

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

 

クリックすると360°のパノラマ画像。

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの360°パノラマ

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの360°パノラマ

 

こちらは180°だったか?

天狗倉山 山頂にある巨石の上からのパノラマ

天狗倉山 山頂にある巨石の上からのパノラマ

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

天狗倉山 山頂にある巨石の上からの眺望

 

天狗倉山の山頂にある巨石から梯子で降りると

天狗倉山 山頂にある巨石から下へ

天狗倉山 山頂にある巨石から下へ

 

南側にある木製の梯子を登った。

天狗倉山 山頂の南側へ

天狗倉山 山頂の南側へ

その先、眼下には尾鷲の町並みが・・・

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

右手方向に見えるのは、

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

ズームで分かった。方位盤だ。ただし、単独行だ。危険は犯したくない。方位盤への接近は諦めた。

天狗倉山 山頂南側の岩の上に設置された方位盤

天狗倉山 山頂南側の岩の上に設置された方位盤

 

とにかく安全そうな場所から絶景を楽しんだ。

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

ここでもパノラマ。(クリックで拡大)

天狗倉山 山頂南側のパノラマ

天狗倉山 山頂南側のパノラマ

 

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

天狗倉山 山頂南側の眺望

 

山頂南側の岩から恐る恐る直下を覗くと山道が見えた。岩の左手にある切れ目へ進むと次の道標があった。こちらは南側、南道だ。

「馬越峠→」の道標(天狗倉山 山頂付近)

「馬越峠→」の道標(天狗倉山 山頂付近)

さすがに南側は視界が開けていた。

天狗倉山頂からの南道

天狗倉山頂からの南道

天狗倉山頂からの南道

天狗倉山頂からの南道

注意しながら駆け下りると

天狗倉山頂からの南道

天狗倉山頂からの南道

すぐに南道と北道の合流(分岐)点に到着した。

天狗倉山頂からの南道と北道の合流(分岐)点

天狗倉山頂からの南道と北道の合流(分岐)点

 

後は馬越峠まで下るのみ。細心の注意を払いながら駆け下りた。

天狗倉山から馬越峠へ

天狗倉山から馬越峠へ

結局、下りは13分くらいだった。よくよく考えると山頂での滞在時間がかなり長かった(15分)ようだ。

馬越峠

馬越峠

往路では気づかなかった「馬越峠~天狗倉山 1/7」の道標をパチリ。

「馬越峠~天狗倉山 1/7」の道標

「馬越峠~天狗倉山 1/7」の道標

【 20130609 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*