秋の名残り(五十鈴川駅から自宅へ)

2011年12月10日(土) 秋の名残り(五十鈴川駅から自宅へ) (徒歩)

近鉄 お伊勢さん125社めぐり(第12回内宮20社) を終えると自宅まで歩いて帰った。

その途中で秋の名残りをパチリ、パチリ・・・

まずは、伊勢自動車道をくぐると葉っぱをすべて落としたイチョウの木。

御幸道路

御幸道路

御幸道路

御幸道路

 

さらに坂道を進むと、神宮文庫の表門(旧御師福島みさき大夫の邸門で、通称、黒門)のまわりにも彩りが残っていた。

表門、黒門(神宮文庫)

表門、黒門(神宮文庫)

黒門の手前を右手へ上る坂道もこの通り、非常にカラフルだ。

表門、黒門(神宮文庫)付近

表門、黒門(神宮文庫)付近

 

視線を黒門に戻し、

表門、黒門(神宮文庫)

表門、黒門(神宮文庫)

黒門をくぐると

表門、黒門(神宮文庫)

表門、黒門(神宮文庫)

こちらも鮮やかな彩りだ。

神宮文庫への坂道

神宮文庫への坂道

神宮文庫まで坂道を上り、折り返してパチリ。

神宮文庫からの坂道

神宮文庫からの坂道

さらに、門の裏側でもパチリ。

表門、黒門(神宮文庫)

表門、黒門(神宮文庫)

 

黒門を後にして、御幸道路を下ると左手に神宮徴古館の建物が見える。

神宮徴古館の裏側(御幸道路から)

神宮徴古館の裏側(御幸道路から)

 

御幸道路には、まだ多くの葉を残したイチョウの木があった。

御幸道路

御幸道路

 

秋の終わりと冬の到来を感じつつ、帰途についた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です