御頭神事(高向大社)- ボンドにて

2011年02月12日(土) 御頭神事(高向大社)- ボンドにて (徒歩)

祷屋にて不覚にもデジカメの電池切れとなった私は一旦帰宅して、電池の充電とともに私自身も充電した。夜の8時過ぎに自宅を出発し、ボンドを目指した。

ボンドに到着すると、すでに御頭が。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

一体は頭を振っていたが、しばらくすると二体とも頭に付けられた紙垂をまとめ始めた。多分燃えないようにするためだろう。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭はボンドにて杉太夫から共盛団(16才から41才までの男子が年齢階段的に構成さえる。)に受取り渡されるとのことだ。若い衆は素肌に白い着物一枚だ。見たからに寒い。こちらが着膨れてダルマ状態になっているのが申し訳ないほどだ。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

かれらにとってこの火は命の火だろうか?

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

かがり火は2ヶ所で焚かれているが、その下には砂が撒かれていた。早朝に通りかかった時に見かけた砂だ。

【参考】  御頭神事(高向大社)へ向かう

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

空を見上げると月が出ているが、風は強い。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭の紙垂をまとめる作業はかなり慎重に進められていた。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭の準備が終了すると、今後は祷屋でも見かけた御頭を中心とした攻防が始まった。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

攻める側が駆け抜けて行った。(ダダダダダ・・・)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

(ダダダダダ・・・)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

こちらでも、激しく、

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

激しく、

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

本気モードだ。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

攻防が繰りかえされる間に会所の様子を見に行った。

御頭神事-会所(高向大社)

御頭神事-会所(高向大社)

御頭神事-会所(高向大社)

御頭神事-会所(高向大社)

会所から戻ってくると、先ほどの若い衆は上半身裸に。・・・・

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

まだまだ、御頭を巡る攻防が繰りかえされた。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

その中で、道路の両側に準備された松明を見ていたら、この松明には興玉神社の?が付いていた。他の松明を調べてみたが、私が探した数本には付いていなかった???

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

またまた、(ダダダダダ・・・)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

(ダダダダダ・・・)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

(ダダダダダ・・・)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

かなり攻防が繰りかえされた後、かがり火の回りに松明が立てられた。打祭りの開始だ。

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

御頭神事-ボンドにて(高向大社)

【2011年02月12日 御頭神事(高向大社)の記録】

【参考】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*