新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

狹井神社

2012年01月05日(木) 狹井神社 (電車、徒歩)

山の辺の道(トレイル青垣~近鉄 桜井駅) の途中で狹井神社に立ち寄った。

狹井神社

狹井神社

狹井神社

狹井神社

鳥居をくぐり参道を進むと左手の池の前に立派な手水舎が建っている。私は手水にて心身を清めた

手水舎(狹井神社)

手水舎(狹井神社)

参道を進むと石段の先に

狹井神社

狹井神社

拝殿がある。参拝を終えてから

拝殿(狹井神社)

拝殿(狹井神社)

拝殿の左側へ向かうと「御神水」の文字が見えた。

御神水(狹井神社)

御神水(狹井神社)

さらに奥へ進むと「狹井神社の霊泉」の説明書きがあった。

霊泉の説明板(狹井神社)

霊泉の説明板(狹井神社)

そして、その奥にはTVで見たことがある風景があった。「そうか、あれは狹井神社だったんだ。」

御神水(狹井神社)

御神水(狹井神社)

この場面もTVで見た、見た。私もコップを借りて

御神水(狹井神社)

御神水(狹井神社)

御神水を頂いた。「まろやかな感じがした。」

御神水(狹井神社)

御神水(狹井神社)

 

境内へ戻ると拝殿に向かって右手に次の「神体山」登拝者へのお願いが建っている。ご神体である三輪山へ登拝できるようだ。本日はすでに受付時間を過ぎていたがいつかは登ってみたい。(入山初穂料は300円、ただし撮影禁止)

「神体山」登拝者へのお願い

「神体山」登拝者へのお願い

こちらが「神体山(三輪山)」への登拝口。「本日の入山受付は終了しました。」の札が下がっていた。

「神体山(三輪山)」への登拝口

「神体山(三輪山)」への登拝口

この近くに覆屋が掛けられた井戸らしきものがあった。多分、御井だろう。

御井(狹井神社)

御井(狹井神社)

 

立派なしめ縄の鳥居をくぐり返し、

狹井神社

狹井神社

手水舎の奥にある鎮女池(しずめいけ)の畔を通って

鎮女池(しずめいけ)(狹井神社)

鎮女池(しずめいけ)(狹井神社)

入口の鳥居まで戻ってきた。

狹井神社

狹井神社

 

 【 20120105の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*