新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

御遷座を控えた船津八幡神社(鳥羽市)

2013年09月21日(土) 御遷座を控えた船津八幡神社(鳥羽市) (徒歩)

伊勢・二見・鳥羽・磯部ウォーク にて近鉄 船津駅を越えた辺りで、掲示板に注目!

式年御遷宮祭(船津八幡神社)の掲示

式年御遷宮祭(船津八幡神社)の掲示

ここには、次のように記されていた。

平成二十五年十月十三日(日)
式年御遷宮祭
御神殿御神域の装を新たにした社殿で
戦後四回目の御遷宮を斎行いたします
  (中略)
         船津八幡神社

 

何度か訪れたことがあるが、今は社殿が造替されているはずだ。

八幡神社(鳥羽市船津町)

八幡神社(鳥羽市船津町)

 

八幡神社の正面へ向かった。

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

この看板は以前にも見たことがあったが、10月13日のことはすっかり頭から消えていた。

八幡神社御遷座の案内と協力依頼の看板(鳥羽市船津町)

八幡神社御遷座の案内と協力依頼の看板(鳥羽市船津町)

【参考】

 

石階を上り、鳥居をくぐると参道を進んだ。

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

先の鳥居をくぐると御神木の先に

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

拝殿がある。

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

拝殿でお参りしようとすると賽銭箱に

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

次の張り紙。仮神殿は拝殿の右側にあるようだ。

八幡神社、仮神殿の案内(鳥羽市船津町)

八幡神社、仮神殿の案内(鳥羽市船津町)

 

拝殿の様子を確認しながら拝殿を離れた。拝殿の材は洗いで済まされたようだが、

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

拝殿の屋根は張り替えられていた。

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

 

こちらは造替された本殿の鳥居と

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御扉、玉垣だ。本殿はコンクリート製だが木製の御扉が造替され、金物が輝いていた。

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社(鳥羽市船津町)

 

そして、お参りのために対面した仮神殿はこちらだ。ビックリ!、物置だ。

御遷座を控えた八幡神社の仮神殿(鳥羽市船津町)

御遷座を控えた八幡神社の仮神殿(鳥羽市船津町)

今まで殿舎を造替し、御遷座する神社を多数見てきたが物置を仮神殿とするのは初めてだ。ただ、形ではなく心、神様は気にしていないだろう。氏子がどのように関わってくれるか? そのことの方が重要だ。

貴重な体験を終えると国道167号へ向かった。

 

【 20130921 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*