新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

2010年11月23日(火) 新嘗祭(内宮)大御饌の儀 (車、徒歩)

外宮にて新嘗祭の奉幣の儀を拝観し、所用を済ませてから内宮へ到着した。10時40分頃だったので、参進が開始されるまで10分程の余裕があった。

御手洗場で紅葉を撮影した後、瀧祭神を参拝したところ、すでに儀式の準備が整っていた。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

正面には案が・・・

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

その後、神札授与所の前で待機していた。しばらくすると太鼓が鳴った。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

その後ろを

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

祭主を先頭に

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

忌火屋殿前の祓所へ。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

ここで修祓がとり行われた。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

修祓が終了すると祭主を先頭に、御正宮への参進が再開された。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

私は御饌の辛櫃が整えられるのを待ち、

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

荒祭宮へ向かった。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

この辛櫃の横には木札が付いており、興玉?と書かれているように見えた。確かにこの辛櫃は荒祭宮へは向かわず、この奥へと入って行った。このルートを行けば正宮の裏へ出るはずだから、やはり興玉神のための御饌であったのだろう。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

こちらは荒祭宮。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

荒祭宮を離れ元の参道へ戻ってくると、御酒殿、由貴御倉の前にも案と辛櫃が置かれていた。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

さらに、四至神の前にも。所管社は個別に儀式がとり行われるのだろう。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

なお、先ほど修祓で利用された忌火屋殿前の祓所では後片付けが行われていた。

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

新嘗祭(内宮)大御饌の儀

これで、大御饌の儀の報告は終了。この後、午後二時から奉幣の儀があるが、二時間以上時間があったので、周囲を散策していた。散策の様子は別の記録で報告予定。

【新嘗祭の記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*