朔日早朝参拝(内宮) 2011師走

2011年12月01日(木) 朔日早朝参拝(内宮) 2011師走 (車、徒歩)

久しぶりの早朝参拝。それは、八朔のお水汲み以来だろうか?
また、今日は参拝するだけでなく、別の目的があった。

先日 宇治浦田・五十鈴川河川敷駐車場は1時間無料? にて宇治浦田駐車場等の有料化、ただし1時間は無料の方向で駐車場整備が進められていることを紹介したが、ところで私が内宮を参拝するのにどれだけの時間がかかるのだろうか?

つまり、その目的とは足早ではあるがいつもと同様のルートで参拝する時間を計ることだった。

 

まず、宇治浦田駐車場に到着し、駐車場を出発したのが5時30分。

宇治浦田駐車場を出発(5:30)

宇治浦田駐車場を出発(5:30)

宇治浦田町交差点の横断歩道を渡り、

宇治浦田町交差点

宇治浦田町交差点

おはらい町通りへ入った。

おはらい町通りの入口

おはらい町通りの入口

 

早朝から両側への路上駐車で道路幅が狭まっている通りを進み、照明が灯されていた店舗をパチリ。

早朝のおはらい町通り

早朝のおはらい町通り

赤福本店では、朔日餅に長蛇の列。

朔日餅の行列

朔日餅の行列

そのためか、おかげ横丁には人影が少なかった。

早朝のおかげ横丁

早朝のおかげ横丁

おかげ横丁付近で営業を開始している店舗を過ぎると

早朝のおはらい町通り

早朝のおはらい町通り

早朝のおはらい町通り

早朝のおはらい町通り

その先は真っ暗だ。いつものことだが、朔日の早朝は赤福本店の周辺のみが賑わっている。

早朝のおはらい町通り

早朝のおはらい町通り

 

先ほどの賑やかさとは裏腹の静まり返った暗い通りを進むと内宮 宇治橋前に到着した。いままでよりも参拝者が多い。時間帯が遅いためか?

内宮 宇治橋前

内宮 宇治橋前

宇治橋を渡り、神苑前を進み、手水舎で手水を受けて心身を清めた。

神苑付近(内宮)

神苑付近(内宮)

瀧祭神に参拝した後、真っ暗な裏の参道を進み、風日祈宮橋の前から神札授与所の前へ出た。

神札授与所(内宮)

神札授与所(内宮)

四至神に参拝後、御正宮へ向かうと途中、懐中電灯で足元を照らす3人組をパチリ。

御正宮へ(内宮)

御正宮へ(内宮)

石段を上り、御正宮および興玉神、宮比神、屋乃波比伎神に参拝した。

御正宮(内宮)

御正宮(内宮)

 

その後、御稲御倉神にお参りしてから荒祭宮へ向かった。

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮の

荒祭宮

荒祭宮

新御敷地には白いシートの囲いが設置されていた。

新御敷地(荒祭宮)

新御敷地(荒祭宮)

 

荒祭宮での参拝を終え、御酒殿神、由貴御倉神にお参りした。今日は御酒殿祭が斎行されるだろう。

再度、四至神にお参りするとその前面、五丈殿の前面には正月のための特設授与所の設置が始まっていた。あと一月で新年か!時間の経過は早いものだ。

正月特設授与所の設置工事(内宮五丈殿前)

正月特設授与所の設置工事(内宮五丈殿前)

正月特設授与所の設置工事(内宮五丈殿前)

正月特設授与所の設置工事(内宮五丈殿前)

 

神札授与所の前で左へ折れ、風日祈宮橋を渡って

神札授与所付近(内宮)

神札授与所付近(内宮)

風日祈宮へ向かった。空が少し白んで来たものの曇っているので、すっきりした雰囲気ではなかった。

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮に参拝してパチリ。

風日祈宮

風日祈宮

 

神札授与所まで戻り、

神札授与所(内宮)

神札授与所(内宮)

帰りの参道の途中でパチリ。

神楽殿の裏門(内宮帰りの参道沿い)

神楽殿の裏門(内宮帰りの参道沿い)

 

参集殿まで来たときに思い出した。「御酒殿祭があるなら清酒が奉納されているはずだ」と。

参集殿(内宮)

参集殿(内宮)

 

神苑前の参道へ向かうといつもの場所に奉納された三重県産清酒が勢ぞろいだった。

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

 

以前の樽の配置と比較してみるなら次のリンクを、

 【参考】 三重県産清酒奉納(内宮)の銘柄、醸造元一覧

 

左から順に、

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

三重県産清酒奉納(内宮)

 

今日は子安神社と大山祗神社にはお参りせずに、秋の終わりを感じながら帰路へ。また、さらに時間があれば饗土橋姫神社や津長神社、大水神社にも回るのだが・・・

神苑付近(内宮)

神苑付近(内宮)

宇治橋東詰大鳥居

宇治橋東詰大鳥居

宇治橋東詰

宇治橋東詰

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋から望む五十鈴川の下流方向

宇治橋から望む五十鈴川の下流方向

宇治橋から望む五十鈴川の上流方向

宇治橋から望む五十鈴川の上流方向

宇治橋から望む五十鈴川の上流方向

宇治橋から望む五十鈴川の上流方向

宇治橋前まで戻ると

宇治橋前

宇治橋前

鳥居の前に三脚が二本。冬至の日には朝陽が鳥居の真ん中から昇るが、いまでも十分にそれを体験できるのだろうか?

宇治橋前

宇治橋前

【参考】 

 

 

「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」の幟を背にして、おはらい町通りを戻ると

「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」の幟

「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」の幟

その途中にも「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」のポスター。

「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」のポスター

「祝 伊勢神宮新穀感謝祭」のポスター

 

その後、おはらい町通りから世古へ入り、五十鈴川の左岸へ出た。

五十鈴川左岸

五十鈴川左岸

五十鈴川左岸

五十鈴川左岸

新橋の下から

五十鈴川左岸(新橋の下)

五十鈴川左岸(新橋の下)

赤福本店の前へ戻ると、朔日餅の列はなくなり、すぐにでも買える状態だった。

赤福本店

赤福本店

今月は「雪餅」か、どんなんだろう?

赤福本店

赤福本店

 

この後は宇治浦田駐車場を目指したが、

香りの店 くつろぎや

香りの店 くつろぎや

なぜか「朔日香」の文字に立ち止まってしまった。

「朔日香」(香りの店 くつろぎや)

「朔日香」(香りの店 くつろぎや)

駐車場へ戻ると7時01分。約1時間半。やっぱり1時間じゃ無理だ。これでも今日はかなり割愛しながら早足での参拝だったので、駐車場有料化は私にとっても大きな問題だ。

宇治浦田駐車場へ到着(7:01)

宇治浦田駐車場へ到着(7:01)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*