お伊勢さん125社 外宮めぐり

2013年01月02日(水) お伊勢さん125社 外宮めぐり (車、徒歩)

今日の午前中、【キタヰの妻】は外宮での奉仕があるとのこと。車で送りがてらお伊勢さん125社 外宮めぐりを実施することにした。

元旦に外宮で斎行された歳旦祭を拝観することはできなかったので、これが初詣だ。

外宮の駐車場で【キタヰの妻】と別れ、私は北御門参道の手水舎で心身を清めると火除橋を渡った。

北御門参道火除橋(外宮)

北御門参道火除橋(外宮)

本来なら御正宮を目指すのだが、全くの自己都合(今後のめぐり順のため)で御厩の手前の細い参道へ入った。この先にはお伊勢さん125社である度会国御神社、大津神社がある。さらに突き当たりまで進むと上御井神社を遥拝できる。

参道を進み、大津神社の前を道なりに左方向へ。

大津神社前から上御井神社遥拝へ(外宮)

大津神社前から上御井神社遥拝へ(外宮)

突き当たりのフェンスの前で上御井神社を遥拝した。

上御井神社の遥拝(外宮)

上御井神社の遥拝(外宮)

 

来た参道を戻ると左手には、最初に大津神社、

大津神社(外宮)

大津神社(外宮)

続いて度会国御神社。順にお参りした。

度会国御神社(外宮)

度会国御神社(外宮)

 

その後、北御門参道へ戻り、鳥居をくぐるとその先右手、垣中に御酒殿、忌火屋殿がある。御酒殿はお伊勢さん125社のひとつだ、遥拝。

御酒殿、忌火屋殿(外宮)

御酒殿、忌火屋殿(外宮)

また、忌火屋殿の屋根からはうっすらと煙が出ていた。神様の食事を準備していたようで、そろそろ日別朝夕大御饌祭が斎行される様子だった。とは言っても多少は余裕がありそうだったので、四至神にお参りするため大庭まで進むと九丈殿に

九丈殿、五丈殿(外宮)

九丈殿、五丈殿(外宮)

多数の案と畳まれた鯨幕が置かれていた。

九丈殿(外宮)

九丈殿(外宮)

初詣のために臨時で大庭に設営された神札授与所と御神酒授与所の間から四至神をお参りした。

四至神(外宮)

四至神(外宮)

そろそろ日別朝夕大御饌祭のための参進が忌火屋殿前庭へ向かうために北御門参道を横切る時刻だ。忌火屋殿前まで戻ろうとすると多数の一升瓶が入ったケースを両手に持った男性が・・・。

北御門参道、九丈殿付近(外宮)

北御門参道、九丈殿付近(外宮)

御神酒として提供されたお酒なのだろう。ちらっとラベルが見えたが銘柄は様々のようだ。奉納された日本酒が御神酒として提供されるのだろうか?

 

この後、日別朝夕大御饌祭の参進を拝観してから神札授与所付近まで戻ってきた。

【参考】 

 

参道には夜間参拝のために多数の提灯が準備されていた。ここにも、

神札授与所付近(外宮)

神札授与所付近(外宮)

ここにも・・・

別宮遥拝所付近(外宮)

別宮遥拝所付近(外宮)

そして、私はやっと御正宮(豊受大神宮)にお参りした。

御正宮(外宮)

御正宮(外宮)

お参り後に新御敷地を確認すると以前は屋根が見えていた四丈殿にも覆屋が設けられていた。

新御敷地(外宮)

新御敷地(外宮)

【参考】 屋根が露な状態の四丈殿は次の記録の下部に

 

この後、第一別宮である多賀宮への石階を登った。

多賀宮付近(外宮)

多賀宮付近(外宮)

多賀宮の新御敷地前の参道に横たわる寝地蔵石にはいつもと同様に賽銭が供えられていた。

寝地蔵石(外宮)

寝地蔵石(外宮)

多賀宮には参拝者の列ができていたので、私はこの場所からお参り。

多賀宮(外宮)

多賀宮(外宮)

先ほど登った石階を下り、左の谷筋へ進むと下御井神社がある。

下御井神社(外宮)

下御井神社(外宮)

こちらでもお参り。

下御井神社(外宮)

下御井神社(外宮)

この近くの木には昔ながらの電灯が取り付けられていた。これは提灯の代わりだろう。

下御井神社付近(外宮)

下御井神社付近(外宮)

 

下御井神社から戻ると左手に土宮。

土宮(外宮)

土宮(外宮)

こちらにもお参り。

土宮(外宮)

土宮(外宮)

 

続いて、外宮で私のお気に入りである風宮。

風宮(外宮)

風宮(外宮)

お参り。

土宮(外宮)

土宮(外宮)

 

御正宮の方へと戻る途中、御池をパチリ。

御池(外宮)

御池(外宮)

その先には、パワースポットとして有名になってしまった三ツ石。あいかわらず多数の人が手をかざしている。

三ツ石付近(外宮)

三ツ石付近(外宮)

(本来は、式年遷宮にて御装束神宝や奉仕員を祓い清める川原大祓が執り行われる祓所なんだけど、祓所にはパワーが蓄積されるのだろうか? 鈍感な私には?・・・)

そして、その右側、御白石が敷き詰められ、しめ縄が張られた場所が別宮遥拝所。

御正宮の臨時出口(外宮)

御正宮の臨時出口(外宮)

別宮遥拝所の先では、御正宮の板垣の横板が外されて臨時の出口が設営されている。

御正宮の臨時出口(外宮)

御正宮の臨時出口(外宮)

この臨時出口の開け方の詳細は、次の記事に。

【参考】

 

その後は来た参道とは異なる表参道を進んだ。神札授与所、神楽殿の前を通り、

神楽殿(外宮)

神楽殿(外宮)

第二鳥居をくぐるとその先左手には斎館の入口。斎館は祭典の奉仕員が忌み籠り、祭典に向けて参進(斎場へ向かう)を開始し、祭典を終えて退下(斎場から戻る)する場所。

斎館(外宮)

斎館(外宮)

続いて、第一鳥居をくぐると

表参道第一鳥居付近(外宮)

表参道第一鳥居付近(外宮)

視界が開ける。

表参道第一鳥居付近(外宮)

表参道第一鳥居付近(外宮)

 

右手、勾玉池側には今年斎行される第62回神宮式年遷宮を記念して創設されたせんぐう館。

せんぐう館(外宮)

せんぐう館(外宮)

休憩スペース(無料)である休憩舎からガラス越しにパチリ。

せんぐう館と奉納舞台(外宮)

せんぐう館と奉納舞台(外宮)

さらに、勾玉池の畔からもパチリ。

勾玉池とせんぐう館(外宮)

勾玉池とせんぐう館(外宮)

 

表参道の火除橋を渡ると

表参道火除橋(外宮)

表参道火除橋(外宮)

そこには元始祭の案内が掲げられていた。(元始祭はぜひ拝観しよう!)

元始祭の案内(外宮)

元始祭の案内(外宮)

 

表参道口から右手に続く

表参道口(外宮)

表参道口(外宮)

大型バス駐車場へ向かうと多数のバスが停車していた。

せんぐう館 大型バス駐車場(外宮)

せんぐう館 大型バス駐車場(外宮)

この後は、山田産土八社のひとつてある茜社(あこねやしろ)にお参りしてからお伊勢さん125社 外宮めぐりを続けた。

せんぐう館 大型バス駐車場の裏手にある茜社への参道へ入る前に参道脇から見えるせんぐう館をパチリ。

せんぐう館(外宮)

せんぐう館(外宮)

【参考】

茜社での初詣を終えると外宮から内宮を最短で結ぶ御木本道路へ出た。

次の交差点で、みやざきお花畑を右手に見ながら右斜め方向へ脇道へ。

みやざきお花畑

みやざきお花畑

この先、左手には旧豊宮崎文庫の表門があるが、現在は修理中だった。

【参考】

 

旧豊宮崎文庫の表門を過ぎるとすぐ右手に次の参道入口がある。

度会大国玉比賣神社ほかへの参道

度会大国玉比賣神社ほかへの参道

この参道を進むと右側の石段の上に度会大国玉比賣神社。

度会大国玉比賣神社

度会大国玉比賣神社

お参り。御扉の前には数枚の10円玉がお供えされていた。

度会大国玉比賣神社

度会大国玉比賣神社

この社殿の前から右斜め方向へ視線を振ると石垣の上に伊我理神社が見える。

度会大国玉比賣神社前から伊我理神社の遠望

度会大国玉比賣神社前から伊我理神社の遠望

 

来た参道へ下り、さらに奥へと進むと

度会大国玉比賣神社の石段下から伊我理神社へ

度会大国玉比賣神社の石段下から伊我理神社へ

石段の上には伊我理神社。ここには井中神社が同座されている。

伊我理神社(井中神社を同座)

伊我理神社(井中神社を同座)

 

お参りを終えて参道を戻ると、度会大国玉比賣神社の石段下付近で「火気に注意」の警告板をパチリ。

火気に注意の警告板(度会大国玉比賣神社の石段下付近)

火気に注意の警告板(度会大国玉比賣神社の石段下付近)

森林国営保険って?

【参考】

 

さらにその先、車道に近づくと手水石、さすがにこの手水は口にはできないな。

度会大国玉比賣神社ほかへの参道にある手水石

度会大国玉比賣神社ほかへの参道にある手水石

 

外宮々域を後にすると、宮域に沿った石垣と水路を右に見ながら歩いた。

外宮々域の石垣と水路

外宮々域の石垣と水路

道なりに進むと水路から湿地(多分以前は神宮の山末神社御料田だったのだろう)へ代わり、その先右手に山末神社の社叢が見える。

山末神社

山末神社

山末神社への参道を進むと社標の先に鳥居と玉垣・・。この鳥居は石垣と非常に近接している。

山末神社

山末神社

参拝を終えて参道から車道へ戻ると定札の先に田上大水神社の社叢(古墳といわれている)が見える。

山末神社から望む田上大水神社の社叢

山末神社から望む田上大水神社の社叢

社域を出て振り返ると参道の入口はこんな感じ。

山末神社

山末神社

 

先ほど見た社叢を目指して進むと朝川に架かる朝川橋の手前を

朝川橋(朝川)付近

朝川橋(朝川)付近

左へ進んだ。

朝川橋(朝川)から田上大水神社へ

朝川橋(朝川)から田上大水神社へ

石階を上ると

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

丘の上に田上大水神社、田上大水御前神社。

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

ひとつの玉垣の中に社殿が二宇、しかも一方が南面、他方が東面している。125社の中でこんなレイアウトは他にはない?

玉垣に沿って裏手へ回ると

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

そこには大樹の根元に御白石が敷かれていた。ここは古墳?

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

お参りを終えて石階を下ると目の前には「ぎゅーとら」が見える。

田上大水神社、田上大水御前神社

田上大水神社、田上大水御前神社

 

ここから御木本道路へ出て、外宮方向(左)へ進むと丸万タクシーの辺りで観光バスがハザードをたいて乗客を降ろしていた。

丸万タクシー付近(御木本道路)

丸万タクシー付近(御木本道路)

さらに進むとその前には、観光バス、観光バス・・・・ それぞれから乗客が降りてくると添乗員に先導されて外宮方向への行列となった。

旧豊宮崎文庫付近(御木本道路)

旧豊宮崎文庫付近(御木本道路)

道路の反対側へ移動してパチリ、

みやざきお花畑付近(御木本道路)

みやざきお花畑付近(御木本道路)

パチリ。かなりの参拝者だ。お昼に近づくと参拝者がどんどん増加・・・

せんぐう館大型バス駐車場入口付近(御木本道路)

せんぐう館大型バス駐車場入口付近(御木本道路)

 

外宮前のバスのりばでは、

外宮前バスのりば

外宮前バスのりば

外宮ー内宮を連絡する臨時バスが運行され、特別なのりばが準備されていた。長蛇の列。

臨時バスのりば(外宮前バスのりば)

臨時バスのりば(外宮前バスのりば)

 

私は外宮の表参道口を背にし、伊勢市駅へと続く

表参道口(外宮)

表参道口(外宮)

外宮参道を進んだ。

外宮参道へ

外宮参道へ

外宮参道

外宮参道

伊勢市駅前再開発工事現場

伊勢市駅前再開発工事現場

外宮参道

外宮参道

伊勢市駅へ到着すると

伊勢市駅南口(JR側)

伊勢市駅南口(JR側)

現在再開発中の伊勢市駅前を確認した。大晦日には暗闇の中での報告だったので改めて・・・

【参考】

 

伊勢市駅前を後にすると月夜見宮へ向かった。

月夜見宮

月夜見宮

月夜見宮、

月夜見宮

月夜見宮

その右手にある高河原神社にお参りした。

高河原神社

高河原神社

 

大晦日には暗闇で余りよく見えなかった宿衛屋。

【参考】

新しくなった様子をパチリ。

宿衛屋(月夜見宮)

宿衛屋(月夜見宮)

玄関もパチリ。

宿衛屋(月夜見宮)

宿衛屋(月夜見宮)

さらに、崇敬者により活けられる生花もパチリ。月夜見宮はいつも生花が美しい。

宿衛屋(月夜見宮)

宿衛屋(月夜見宮)

そして、月夜見宮を出ると

月夜見宮

月夜見宮

 

月夜見宮から外宮へと続く神路通(かみじどおり)を進むと右手には多数の車。

臨時駐車場(伊勢市立厚生小学校の校庭)

臨時駐車場(伊勢市立厚生小学校の校庭)

伊勢市立厚生小学校の校庭で臨時駐車場になっている。ここも満車に近いので外宮の駐車場はかなり混雑しているだろう。

そんなことを考えて歩いていると神路通の説明板が新しくなっているのを発見。

神路通の説明板

神路通の説明板

 

そしてたどり着いたのは外宮の北御門参道口。これで元に戻ってきた。

北御門参道口(外宮)

北御門参道口(外宮)

ちょうど12時、奉仕を終えた【キタヰの妻】と帰宅した。

 

【 20130102 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*