伊勢本街道 JR伊勢奥津駅〜正念寺(津市歴史健康ウォーク 美杉コース)

2013年10月06日(日) 伊勢本街道 JR伊勢奥津駅〜正念寺(津市歴史健康ウォーク 美杉コース) (車、徒歩)

津市歴史健康ウォークが美杉を舞台に開催された。この美杉コースは奥津(おきつ)宿から飼坂峠を越えて多気(たげ)宿へ向かう伊勢本街道の一部を歩くものだった。集団で歩くウォーク企画はあまり好きではないが、伊勢本街道を歩ける機会は非常に少ないため迷わずに参加した。申込みは不要で参加費無料。

三重県の街道にはとても興味がある。熊野古道を歩いてからは伊勢神宮のお白石持行事などで忙しかったので街道歩きに意識が向いていなかった。

【参考】

熊野古道乃の場合、距離は長いがJRが街道に沿うように走っているので日帰りを重ねれば踏破できる。ただし、伊勢本街道の場合、交通手段がほとんどなくあったとしても利便性が良くない。伊勢本街道にはエスケープルートも少なく(無く)、綿密な計画が必要だ。このように帰りは送迎バスで送ってくれるようなコース設定はありがたい。

津市歴史健康ウォーク 美杉コース・マップ

津市歴史健康ウォーク 美杉コース・マップ

 

マイカー利用者のための駐車場から無料バスで送ってもらい、出発点であるJR伊勢奥津駅前へ到着した。マイカーでの参加者、第一陣はこれくらい。

「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前

「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前

受付が開始される9持までは時間があったので、駅前を散策。こちらの建物は「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設となっている。

「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前

「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前

中央にはのれん。奥津宿では家の玄関にのれんを掛ける活動を進め「のれん街」としても話題となっている。そうだ。

のれん(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設にて)

のれん(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設にて)

 

今はまだ名松線の線路が復旧しないため、バスによる代行運転が続けられているJR伊勢奥津駅の待合室にてパチリ。

JR伊勢奥津駅の待合室から外を望む

JR伊勢奥津駅の待合室から外を望む

駅前にある「日通跡」の案内板。

「日通跡」の説明板(JR伊勢奥津駅前)

「日通跡」の説明板(JR伊勢奥津駅前)

その後ろの店舗にも、のれん。

のれん(JR伊勢奥津駅前)

のれん(JR伊勢奥津駅前)

 

しばらくするとJR代行バスで参加する一団が登場。と思いきやバスは1台ではなく3台も到着した。

JR代行バス(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前にて)

JR代行バス(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前にて)

駅前は人だらけ、年に何度こんな風景が見られるのだろう。

ウォーク出発(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前にて)

ウォーク出発(「JR伊勢奥津駅・八幡出張所・八幡地域住民センター」複合施設前にて)

定刻となり受付が開始されると参加者はウォークの参加者はそれぞれのペースでスタートした。

私はじっくりと歩くため、まずはJR伊勢奥津駅付近に残されているSL給水塔を見学。昭和40年(1965)までは名松線でも蒸気機関車(SL)が活躍していた。水を蒸気にして走ってきたSLが終着駅である伊勢奥津駅で折り返す前に水を補給した。

SL給水塔(JR伊勢奥津駅付近)

SL給水塔(JR伊勢奥津駅付近)

その当時、背の高い給水塔に水を汲み上げたのは誰?、いやどんな仕組みだったのだろう? 見上げながら考えた。

SL給水塔(JR伊勢奥津駅付近)

SL給水塔(JR伊勢奥津駅付近)

 

SL給水塔の近くには伊勢本街道(奥津宿)の案内板、

伊勢本街道(奥津宿)の案内板

伊勢本街道(奥津宿)の案内板

さらにその先の左手には「麻雀屋、パチンコ屋跡」の案内板がある。

「麻雀屋、パチンコ屋跡」の案内板(JR伊勢奥津駅付近)

「麻雀屋、パチンコ屋跡」の案内板(JR伊勢奥津駅付近)

林業で町が栄えた時期、その賑わいは今の様子からでは想像もできない。時代の変化・・。

 

スタートしてからなかなか先へ進まなかったので、伊勢本街道へ向かうためここを左折した。向かいでは地元の方がウォーカーに声援を送ってくれた。(ありがとう!)

JR伊勢奥津駅前から伊勢本街道へ

JR伊勢奥津駅前から伊勢本街道へ

 

間もなく次の十字路に到着。道標を見ると左右の道が伊勢本街道、ここが奥津宿で右側が大阪方向にある石名原宿、そして左側が伊勢方向の多気宿とある。

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標(SANCO 川上口バスのりば付近)

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標(SANCO 川上口バスのりば付近)

 

こちらは石名原宿方向、パチリ。郵便局が見える。

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近から望む石名原宿方向(伊勢本街道)

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近から望む石名原宿方向(伊勢本街道)

そして、直進方向には「若宮八幡宮参道」の道標がある。

「若宮八幡宮参道」の道標、「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近(伊勢本街道)

「若宮八幡宮参道」の道標、「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近(伊勢本街道)

 

ここでは左側へ向かい奥津宿を歩き、まずは正念寺を目指した。奥津宿には昔ながらの家が多い。

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近(伊勢本街道)

「←多気宿、奥津宿、石名原宿→」の道標付近(伊勢本街道)

さらに、各家の前にはこのような行燈が置かれ、

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

玄関などの出入口には

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

のれんが掛けられている。

のれん(伊勢本街道 奥津宿)

のれん(伊勢本街道 奥津宿)

奥津宿ではとても多くののれんを見かけたので網羅することはできないがその多くを撮影したので別の記録にまとめた。

【参考】

  • のれん街(伊勢本街道 奥津宿)

先へ進むと左手には銀行跡の案内板、

銀行跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

銀行跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

さらに

郵便局跡付近(伊勢本街道 奥津宿)

郵便局跡付近(伊勢本街道 奥津宿)

空き地の隅には郵便局跡の案内板がある。

郵便局跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

郵便局跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

跡には面影もなくなっているので、・・・。

 

さらに進むと街道は左へ曲がっている。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

曲がる手前には森林組合跡の案内板。

森林組合跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

森林組合跡の案内板(伊勢本街道 奥津宿)

 

街道が左へ曲がる場所で正面に見えるのが「ぬしや」、その前には奥津宿の説明板があった。

奥津宿の説明板(伊勢本街道)

奥津宿の説明板(伊勢本街道)

こちらが「ぬしや」、ラウンドした建築だ。

ぬしや(伊勢本街道 奥津宿)

ぬしや(伊勢本街道 奥津宿)

関宿で見かけた建物を思い出した。

【参考】

 

ぬしやの中央にはガラスケースがあり、そこには往時を偲ばせる品々が展示されていた。

ぬしやの展示物(伊勢本街道 奥津宿)

ぬしやの展示物(伊勢本街道 奥津宿)

 

ぬしやそ過ぎると右へカーブした。右手には立派な蔵。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

 

蔵を過ぎてさらに進むと丁字路に出た。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

稲森酒造(伊勢本街道 奥津宿)

稲森酒造(伊勢本街道 奥津宿)

 

丁字路をパノラマでパーチリ。

右から来て正面へ進んだ。

稲森酒造前の分岐(伊勢本街道 奥津宿)

稲森酒造前の分岐(伊勢本街道 奥津宿)

丁字路に立っていたのが次の道標。須郷のおんばさん、飼坂峠方向だ。

稲森酒造前の道標(伊勢本街道 奥津宿)

稲森酒造前の道標(伊勢本街道 奥津宿)

 

道標から見える先には宮城橋がある。

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

これから先は職人街と書かれている。

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋をパチリ。

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋(伊勢本街道 奥津宿)

 

橋を渡ってパチリ、いい雰囲気だ。

宮城橋付近(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋付近(伊勢本街道 奥津宿)

 

近くの道標には手書きの「伊勢本街道」も。

宮城橋付近の道標(伊勢本街道 奥津宿)

宮城橋付近の道標(伊勢本街道 奥津宿)

この辺りから道路、いや道の幅が狭くなった。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

ここでは縁側に商品を列べて販売中、多くのウォーカーが立ち寄っていた。のれんには「かすけ」とある。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

 

狭い街道を多くのウォーカーが数珠つなぎになっていたので、少し距離をあけて・・・。

奥津宿(伊勢本街道)

奥津宿(伊勢本街道)

ほどなく「延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里」の案内板がある場所へ到着。休憩用のベンチが準備されている。

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

この脇から山側へ進むと右手に茶畑、その奥に

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩が祀られていた。

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

こちらが「おんばさん」の説明版。

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩 おんばさん、須郷の里(伊勢本街道)

 

おんばさんから伊勢本街道へ戻ると先ほど通り過ぎた建物をパチリ。昭和25年まで営業していた旧旅館「中北家」だった。

延命地蔵菩薩 おんばさん付近(伊勢本街道)

延命地蔵菩薩 おんばさん付近(伊勢本街道)

 

街道をさらに進んだ。

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

 

左手の視界が開け、右手には「歴史の道 伊勢本街道」の看板と広場。

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

右手の広場を通り過ぎる辺りでかなり年季が入った「おいせまいり」札を見かけた。

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

この札は伊勢本街道保存会が付けているもので、街道上にはかなりの数の札が設置されているはずだ。私も何度も見かけたことがある。(感謝)

【参考】

 

街道は左へ緩やかにラウンドし

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

再び民家が現れた。

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

おんばさん〜谷口常夜燈(伊勢本街道)

谷口集会所を過ぎると

谷口集会所(伊勢本街道)

谷口集会所(伊勢本街道)

 

その先左側に谷口常夜燈がある。

谷口常夜燈(伊勢本街道)

谷口常夜燈(伊勢本街道)

谷口常夜燈の説明板(伊勢本街道)

谷口常夜燈の説明板(伊勢本街道)

この常夜燈の台石は四つ足になっている。

谷口常夜燈(伊勢本街道)

谷口常夜燈(伊勢本街道)

 

谷口常夜燈を過ぎて橋を渡るとカーブの左側に

谷口常夜燈付近から望む正念寺(伊勢本街道)

谷口常夜燈付近から望む正念寺(伊勢本街道)

正念寺がある。

 

コンクリート舗装の坂道を足元に注意しながら進むと

正念寺(伊勢本街道)

正念寺(伊勢本街道)

鐘楼を兼ねる山門には「圓通」と刻された扁額が掛けられていた。

正念寺(伊勢本街道)

正念寺(伊勢本街道)

お参りを済ませた後、鐘楼を兼ねる山門をパチリ。

正念寺(伊勢本街道)

正念寺(伊勢本街道)

山門をくぐり返して参道を下ると振りかえてパチリ。山門を見上げた。

正念寺(伊勢本街道)

正念寺(伊勢本街道)

 

谷口常夜燈の方を見るとボランティアガイドと地元の方の話が弾んでいるようだった。

正念寺前から望む谷口常夜燈(伊勢本街道)

正念寺前から望む谷口常夜燈(伊勢本街道)

正念寺を後にすると次は飼坂峠を目指した。

 

【 20131006 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*