新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

林崎文庫 一般公開(2012秋)

2012年09月22日(土) 林崎文庫 一般公開(2012秋) (車、徒歩)

林崎文庫が一般公開されたので再度訪問した。

【参考】 林崎文庫については 神宮文庫 – Wikipedia

 

林崎文庫への石段下へ到着したのが9時50分頃。開門の定刻は10時だが、10分前にすでに開門されていた。

史跡 旧林崎文庫

史跡 旧林崎文庫

石段を駆け登りたいところだが、階段下の案内板に変更点を見つけたのでパチリ。

史跡 旧林崎文庫

史跡 旧林崎文庫

よく見ると、フォントが異なる場所がある。「八」「三日間」の部分はゴシック体。ただし、これは以前もこの状態だった。(いつか公開期間が短縮された時に変更されたものだろう。)

さらに、今回は手書きの部分があった。「二十一」と「二十三」。秋は秋分の日を中心に前後一日をあわせて三日間が公開日となっている。春分の日および秋分の日は固定日ではなく、今年の秋分の日は9月22日。

【参考】

 

春分の日および秋分の日は、太陽の通り道である「黄道」と地球の赤道を同心円として拡大した「天の赤道」が交差する二点(春分点、 秋分点)で決定されるそうだ。天文学的観測結果に基づいて計算されるため固定日にはなっていないが、1979年に9月24日が秋分の日となった後、昨年(2011年)までは9月23日で、9月22日が秋分の日となったのは116年ぶりとのこと。

一年の長さは365.2422日であ り、閏年にて調整されていることを考えれば、「黄道」と「天の赤道」の交点がずれることはわかりやすいが、春分の日および秋分の日がほぼ一日前後のずれで収まることの方が驚きだ。

 

案内板を確認した後、石段を駆け上がると

史跡 旧林崎文庫

史跡 旧林崎文庫

門があり

史跡 旧林崎文庫

史跡 旧林崎文庫

その先には林崎文庫の建物(講堂や書庫など)が維持されている。門をくぐれば外部から拝観できる。

史跡 旧林崎文庫

史跡 旧林崎文庫

門をくぐり敷地へ足を踏み入れると、今年も『撮影禁止』だったので、カメラは封印した。

ただし、以前の記録があるので、パンフレットも含めそちらを・・・

【参考】 神宮巡々の記録

 

林崎文庫自体は神宮が管理し、大切に維持されている。

そのため大きな変化はなかったので、講堂から書庫をざっと見学してから早々に引き上げた。現在は有料化された内宮A駐車場の前へ移動して、林崎文庫と大水神社がある小山をパチリ。

内宮A駐車場(A2、A1)

内宮A駐車場(A2、A1)

この後は、A2駐車場近くにある宇治神社へ向かった。

 

【 20120922 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*