お白石持ち「町内曳」のお祓い他(箕曲神社、伊勢市小木町)

2012年10月21日(日) お白石持ち「町内曳」のお祓い他(箕曲神社、伊勢市小木町) (徒歩)

お白石持ち「町内曳」を待つ箕曲神社(伊勢市小木町) にて奉曳団の到着を待つ箕曲神社の様子を確認してからお白石持ち「町内曳」の出発地である小木町公民館へ向かった。

公民館前へ到着するとすでに準備は万端で、お祓いが開始されるのを待つ状態だった。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

奉曳車には樽に詰められたお白石が詰まれ、前面には国旗が取り付けられていた。さらに奉曳車の前面には案が設けられ神饌さらにその隣には修祓のための大麻と御塩が準備されていた。

天は雲一つない快晴、太陽が神々しく輝くなか

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

 

公民館前には町民が集まってきた。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

奉曳車を正面からパチリ。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

 

定刻の0時20分を過ぎると宮司に動きが・・・。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

(お白石持ちが終了してから御造営担当の委員長さんに伺ったところ、箕曲神社の宮司は茜社(あこねやしろ)の鈴木宮司にお願いしているとのこと。)

【参考】 茜社の記録(神宮巡々)

 

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

宮司が奉曳車の前へ進み出ると

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

祓詞を白した後、大麻と御塩による修祓、最初は奉曳車(お白石)、続いて

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

区長ならびに各委員長、役員、そして最後に奉曳団(町民)の順に。「町内曳」に同行する私も奉曳団(町民)と共に修祓を受けた。

その後、降神の儀、祝詞奏上と続き

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

 

さらに奉曳車の周囲に張られたしめ縄の四隅が大麻と御塩により祓われた。(四方祓の儀?)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

四隅のお祓いの後、奉曳車(お白石)が改めて祓われた。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お祓いが終了すると

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

玉串奉奠となり、

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

まずは区長による奉奠、区長に合わせて奉曳団員全員が二拝二拍手一拝、私も二拝二拍手一拝。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

続いて各委員長ほかによる玉串奉奠。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

玉串奉奠が終了すると

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

昇神の儀により以上でお祓いが終了した。

 

その後、区長、各委員長等からの挨拶、注意事項が伝えられた。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

 

遠くを見やると交通規制を担当する方々はこの通り。

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お祓いの間もその後も各自の役割を全うされていた。お疲れさまです。

 

そして宮司が退席されると

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

お白石持ち「町内曳」(箕曲神社)

奉曳車の回りに張られたしめ縄が取りはずされた。

 

さあ、出発だ。

 

【 20121021 の記録 】

 

【箕曲神社(伊勢市小木町) 仮遷座後の記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*